浮気相手に中出しされた。アイピルとかノルレボって効きますか?

アイピルの避妊効果

避妊に失敗した時に良く使われる可能性が出る避妊薬は日常的には使う機会は無いと思いますが、持っていても不必要なモノでは無いです。
そもそもの話アイピルとはどういったモノなのか。
性行為した後に望んでない妊娠を避ける為に摂取するピルの一種で、性行為後に例えば膣内射精したとしても妊娠までには時間を要します。
受精後に受精卵が着床するまで約10日前後程かかりそれまでの間に子宮内膜を剥がす詰まりは強制的に月経を行う様にするのが効果なのです。
一般的なピルより女性ホルモンが多く含まれてる為出血の症状は見られがちではあるものの身体に対しての重い副作用は報告されておりません。
基本的に避妊薬の成功率は80%以上とされており、性行為後からなるべく早めの服用が効果的で72時間以内が限界となってます。
又12時間以内に服用が出来れば72時間後での服用に対して回避率は8倍以上の差が出ます。
いざ、避妊をする際に常備しておきたい薬ではあるものの効果の次に気になるのは値段だと思います。
厚労省からの許可が下されているノルレボ錠というモノは3000円から高くても15000円となっており、副作用等の危険性を考えた上でのリスクを悩むとすればノルレボ錠が御薦めですが値段は少々高くなります。
値段の高さは保険証が適用出来ない自由診察という形となるのが理由とされていて何にせよ病院に通うよりも安くなる可能性があります。
ノルレボ錠のジェネリックであるアイピルは、ジェネリックであるため価格はかなり抑えられており1000円で手に入るのが殆どです。
主成分は先発薬と同等ですので勿論効果も変わりは無いのですが、日本では製造がされていない為に入手方法は海外通販である個人輸入を利用する他御座いません。
常用する薬では無いので自分で使う分だけ手元に残しておいておき通販はその点好きな時間に購入可能ですので気軽かつ簡単です。
パートナーとの望ない妊娠を避けるだけでは無く避妊が大事ではありますが、万一に備えアイピル避妊薬を常備しておくと緊急時にも安心出来るのでは無いでしょうか。