浮気相手に中出しされた。アイピルとかノルレボって効きますか?

アフターピルの基礎知識

【自分を大切にしたい】
最近、婦人科で聞かれる薬のピルですが、この薬は「避妊薬」としての「効果」があります。
毎月の生理に伴う痛みを楽にしたり、子宮内膜症を防ぐといった症状で使うものですが、本当は、望まない妊娠をしないための一つの方法です。現在、妊娠を希望しないのであれば、避妊を確実に行う方法としての薬として、女性の体を傷つけないための予防にもなります。

【悲しいことにならないように】
今現在、言われている「アフターピル」とは、性交後に男性の避妊具が壊れてしまったか、付け忘れてしまったといった状況になってしまった時、最終手段として使うものです。
この薬は、早くに服用することで、避妊を成功させるものです。時間としては72時間後が目安です。この後で女性側に生理が来たら無事に成功します。
考えたくありませんが、女性にとって心の傷が深くなるような性的暴行を受けてしまった後でも、この薬を飲むことで妊娠を避けられるケースがあります。

【副作用としては】
薬の副作用としては、ムカムカするようなつわりに似た症状があります。最近発売された薬では、ほとんど副作用が出ないものが出ました。もし副作用が出ても24時間続くものではありません。
昔に発売された薬では、よく副作用が出ましたが、日本で発売された薬では出ることは少なくなりました。医療機関にて処方される時には、きちんと医師の説明を聞いて服用するようにしましょう。

【望まない妊娠を防ぐために】
世界の女性が使っているピルの認可が先進国の中で最も遅れてしまった日本にとって、この薬は妊娠を望まない女性にとっては朗報とも言えます。今現在、学業や仕事で忙しいけれども、お付き合いも大切にしたいという世の中です。万が一「避妊薬」を使う場面に遭遇しても、効能はその場限りという説明と共に処方されるものなので、安易に「女性だって妊娠しないようにしてくれ」という状況が続く中では使わないことです。

【知っておくことで助かる】
女性とって、性的な犯罪に巻き込まれてしまわないように予防することも必要ですが、「アフターピル」の知識もあると、いざという時に心と体を傷つけずに済むことがあります。その「効果」も高く、確実に望まない妊娠をしないで済むために、自分の身を守るためにも、薬の情報も知っておくと安心です。避妊する方法を、相手と話し合いながら気をつけていくことが重要です。